UK SQL Server User Group https://sqlserverfaq.com Community of Microsoft Data Platform Professionals Tue, 06 Aug 2019 02:46:00 +0000 en-GB hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.10 https://sqlserverfaq.com/wp-content/uploads/2016/01/cropped-UKSQLFAQLogo-1-32x32.png UK SQL Server User Group https://sqlserverfaq.com 32 32 日本の国民病ED治療薬レビトラと硝酸イソソルビドテープ併用の可否 https://sqlserver-qa.net/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%97%85ed%E6%B2%BB%E7%99%82%E8%96%AC%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%A8%E7%A1%9D%E9%85%B8%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%89/ Tue, 06 Aug 2019 02:46:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=12 勃起不全症(ED)は日本人男性においては他国と比較して発症率が高く、日本の国民病とまで言われています。 日本で […]

The post 日本の国民病ED治療薬レビトラと硝酸イソソルビドテープ併用の可否 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
勃起不全症(ED)は日本人男性においては他国と比較して発症率が高く、日本の国民病とまで言われています。
日本では、クエン酸シルデナフィル(バイアグラ、およびそのジェネリック)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3つの有効成分が厚生労働省の承認を受けて、臨床応用されています。
その中でも、バルデナフィルは最も即効性に優れた医薬品であり、より早い効果発現を期待する患者にニーズがあります。
しかし、バルデナフィルは薬物相互作用による影響を受けやすく、3つの有効成分の中で最も併用薬に制限のある薬となっています。

3つの有効成分すべてに共通する、併用禁忌の薬も存在し、それはニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルといった硝酸薬がその代表例です。
どうしてこれら硝酸薬が禁忌になるのかというと、作用するポイントが密接に関与しているためです。

血管平滑筋が弛緩する時、血管内皮細胞から一酸化窒素(NO)がまず放出されます。
このNOはグアニル酸シクラーゼを活性化させることで、サイクリックGMPを産生します。
これが血管平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させるのですが、このサイクリックGMPを分解して無効化する邪魔者も存在します。
それはホスホジエステラーゼVという酵素です。
ED治療薬の3つの有効成分はいずれもこのホスホジエステラーゼVを阻害する薬です。
一方、硝酸薬はNOの産生を促進します。
つまり、これらを併用すると同じ血管拡張機構に2剤が作用することとなります。
これにより相乗効果が出て、過剰に血管が拡張してしまい、低血圧等の副作用の過剰発現が問題となるのです。
このため併用禁忌となっているのです。
ところで硝酸剤の中には硝酸イソソルビドテープのような外用剤が存在します。
貼り薬だし併用は大丈夫だろうと思う方もいらっしゃるでしょうがこれも併用禁忌です。
気を付けましょう。

The post 日本の国民病ED治療薬レビトラと硝酸イソソルビドテープ併用の可否 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
医薬品違法販売で検挙された例 https://sqlserver-qa.net/%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E9%81%95%E6%B3%95%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%A7%E6%A4%9C%E6%8C%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BE%8B/ Thu, 18 Jul 2019 00:52:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=11 インターネットでの医薬品通販サイトには違法な手段で商品を販売している業者があるので注意が必要です。 日本では、 […]

The post 医薬品違法販売で検挙された例 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
インターネットでの医薬品通販サイトには違法な手段で商品を販売している業者があるので注意が必要です。
日本では、医薬品の取り扱いについては薬事法で許可を受けていないと販売をしてはいけないことになっています。
また厚生労働省の承認を受けていない医薬品については販売をしてはいけないとともに、広告や宣伝も禁止されています。

医薬品違法販売の例としては、製薬会社で承認を受けた正規品は1錠あたりの単位(mg)が決められているものですが、違法な薬の場合はその単位を超えたものが販売されています。
例えば、ED治療薬の場合、シアリスでは正規品は1錠10mgと20mgしか製造販売はされていませんが、1錠50mgや100mgなどで販売されている場合があります。
これらは承認を受けていない違法な薬となります。
また、パッケージ等を正規品同様に見せかけて中身が偽物の薬と言う例もあります。

このように医薬品違法販売はインターネット通販サイトを利用している場合が多く実際に検挙されている例もありますが後を絶たないのが現状です。
承認されている薬は安全や効果が実証されているものですが、偽物の場合は健康を害する危険があるので十分に気を付ける必要があります。

The post 医薬品違法販売で検挙された例 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
医薬品違法販売で検挙された例 https://sqlserver-qa.net/%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E9%81%95%E6%B3%95%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%A7%E6%A4%9C%E6%8C%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BE%8B/ Thu, 18 Jul 2019 00:52:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=11 インターネットでの医薬品通販サイトには違法な手段で商品を販売している業者があるので注意が必要です。 日本では、 […]

The post 医薬品違法販売で検挙された例 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
インターネットでの医薬品通販サイトには違法な手段で商品を販売している業者があるので注意が必要です。
日本では、医薬品の取り扱いについては薬事法で許可を受けていないと販売をしてはいけないことになっています。
また厚生労働省の承認を受けていない医薬品については販売をしてはいけないとともに、広告や宣伝も禁止されています。

医薬品違法販売の例としては、製薬会社で承認を受けた正規品は1錠あたりの単位(mg)が決められているものですが、違法な薬の場合はその単位を超えたものが販売されています。
例えば、ED治療薬の場合、シアリスでは正規品は1錠10mgと20mgしか製造販売はされていませんが、1錠50mgや100mgなどで販売されている場合があります。
これらは承認を受けていない違法な薬となります。
また、パッケージ等を正規品同様に見せかけて中身が偽物の薬と言う例もあります。

このように医薬品違法販売はインターネット通販サイトを利用している場合が多く実際に検挙されている例もありますが後を絶たないのが現状です。
承認されている薬は安全や効果が実証されているものですが、偽物の場合は健康を害する危険があるので十分に気を付ける必要があります。

The post 医薬品違法販売で検挙された例 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
医薬品の違法販売に注意 https://sqlserver-qa.net/%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%81%95%E6%B3%95%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%AB%E6%B3%A8%E6%84%8F/ Tue, 18 Jun 2019 04:49:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=10 現在は医薬品をネットで買えるようになり、消費者にとって医薬品が身近な存在になり、購入時の利便性が向上しています […]

The post 医薬品の違法販売に注意 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
現在は医薬品をネットで買えるようになり、消費者にとって医薬品が身近な存在になり、購入時の利便性が向上しています。
特に店舗が閉まっている時に購入でき、人目が気になる薬も気軽に買える利点があります。
様々な医薬品を国内でネットで販売している業者は、販売時において自治体などから認可されていることが必要です。
それは国内で販売されている薬だけではなく、海外から輸入された薬を含みます。
認可が必要になってくるのは、医薬品は人体に取り入れるものであって、治療のために有効性や危険性が少ないことが必要だからです。
このことから、ネットで医薬品を購入する時の注意点があります。
それは認可を受けずに販売している業者になり、薬事法による違法販売の業者です。
つまり販売されている医薬品の中には、薬事法における安全性が確認されていない薬があるということです。
その中には、海外から輸入された薬や未承認の薬が販売されていることがあります。
また違法販売の注意点として、偽造された薬が販売されていることもあります。
そのためネットで医薬品を購入する場合は、正規の業者か見分けることが必要になってきます。
その見分け方として、正規店であることをあらわした適合マークがあります。
その他にも実際の店舗の写真がネットに掲載されていることも目安となります。
このことに注意して、安全に医薬品を購入することができます。

The post 医薬品の違法販売に注意 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
医薬品の違法販売に注意 https://sqlserver-qa.net/%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%81%95%E6%B3%95%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%AB%E6%B3%A8%E6%84%8F/ Tue, 18 Jun 2019 04:49:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=10 現在は医薬品をネットで買えるようになり、消費者にとって医薬品が身近な存在になり、購入時の利便性が向上しています […]

The post 医薬品の違法販売に注意 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
現在は医薬品をネットで買えるようになり、消費者にとって医薬品が身近な存在になり、購入時の利便性が向上しています。
特に店舗が閉まっている時に購入でき、人目が気になる薬も気軽に買える利点があります。
様々な医薬品を国内でネットで販売している業者は、販売時において自治体などから認可されていることが必要です。
それは国内で販売されている薬だけではなく、海外から輸入された薬を含みます。
認可が必要になってくるのは、医薬品は人体に取り入れるものであって、治療のために有効性や危険性が少ないことが必要だからです。
このことから、ネットで医薬品を購入する時の注意点があります。
それは認可を受けずに販売している業者になり、薬事法による違法販売の業者です。
つまり販売されている医薬品の中には、薬事法における安全性が確認されていない薬があるということです。
その中には、海外から輸入された薬や未承認の薬が販売されていることがあります。
また違法販売の注意点として、偽造された薬が販売されていることもあります。
そのためネットで医薬品を購入する場合は、正規の業者か見分けることが必要になってきます。
その見分け方として、正規店であることをあらわした適合マークがあります。
その他にも実際の店舗の写真がネットに掲載されていることも目安となります。
このことに注意して、安全に医薬品を購入することができます。

The post 医薬品の違法販売に注意 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
レビトラは国内通販不可 https://sqlserver-qa.net/%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%AF%E5%9B%BD%E5%86%85%E9%80%9A%E8%B2%A9%E4%B8%8D%E5%8F%AF/ Wed, 29 May 2019 00:01:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=9 日本では様々な薬が作られ流通していますが、それは海外でも同じです。 海外でも製薬会社は数多く存在し、様々な病気 […]

The post レビトラは国内通販不可 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
日本では様々な薬が作られ流通していますが、それは海外でも同じです。
海外でも製薬会社は数多く存在し、様々な病気に効果のある薬がたくさん作られています。
しかし、そのような海外で作られた効果的な薬でも、日本では厚生労働省に認可されない薬はたくさんあります。
認可されていない薬として有名な薬の中に、ED治療薬のレビトラがあります。
これは、錠剤になっている薬で、バイアグラと同じくらい治療で使われています。
病院で処方される際には、認可されていないので保険適用なしになり、費用は全て自己負担となります。
医療機関を利用しないで手に入れるためには、インターネットを使うという方法があります。
この場合は、国内通販不可となるため、手に入れるためには外国から直接輸入してくれる代行業者に依頼をするしかありません。
あまり輸入代行業者を使ったことがないという人も大勢いますが、最近では海外の薬で病気に効果があると分かった場合に利用する人が増えています。
自分で直接手に取って購入するわけではないので、利用するのに不安になる人もいますが、口コミなどを見ることで安全に利用できる業者を見つけることができます。
安全な業者であれば、薬にも取引にもほとんど問題はありません。

The post レビトラは国内通販不可 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
レビトラは国内通販不可 https://sqlserver-qa.net/%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%AF%E5%9B%BD%E5%86%85%E9%80%9A%E8%B2%A9%E4%B8%8D%E5%8F%AF/ Wed, 29 May 2019 00:01:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=9 日本では様々な薬が作られ流通していますが、それは海外でも同じです。 海外でも製薬会社は数多く存在し、様々な病気 […]

The post レビトラは国内通販不可 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
日本では様々な薬が作られ流通していますが、それは海外でも同じです。
海外でも製薬会社は数多く存在し、様々な病気に効果のある薬がたくさん作られています。
しかし、そのような海外で作られた効果的な薬でも、日本では厚生労働省に認可されない薬はたくさんあります。
認可されていない薬として有名な薬の中に、ED治療薬のレビトラがあります。
これは、錠剤になっている薬で、バイアグラと同じくらい治療で使われています。
病院で処方される際には、認可されていないので保険適用なしになり、費用は全て自己負担となります。
医療機関を利用しないで手に入れるためには、インターネットを使うという方法があります。
この場合は、国内通販不可となるため、手に入れるためには外国から直接輸入してくれる代行業者に依頼をするしかありません。
あまり輸入代行業者を使ったことがないという人も大勢いますが、最近では海外の薬で病気に効果があると分かった場合に利用する人が増えています。
自分で直接手に取って購入するわけではないので、利用するのに不安になる人もいますが、口コミなどを見ることで安全に利用できる業者を見つけることができます。
安全な業者であれば、薬にも取引にもほとんど問題はありません。

The post レビトラは国内通販不可 appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
レトビラの5mgは副作用が少ないが即効性がある https://sqlserver-qa.net/%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%A9%E3%81%AE5mg%E3%81%AF%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%8C%E5%B0%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8C%E5%8D%B3%E5%8A%B9%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B/ Tue, 14 May 2019 03:20:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=8 EDの治療薬にレトビラという治療薬がありますが、レトビラ5mgはもっとも副作用が少ない上に即効性があります。 […]

The post レトビラの5mgは副作用が少ないが即効性がある appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
EDの治療薬にレトビラという治療薬がありますが、レトビラ5mgはもっとも副作用が少ない上に即効性があります。
バイエル薬品株式会社という日本の薬品会社が製造しています。
見た目は丸い錠剤で、色は薄い黄色すが薄い肌色にも見えます。
日本では2004年に認可されていて、世界では2番目にできた人気のED治療薬です。
即効性があるので、女性と体を交える前に時間を計算して飲む必要がないです。
飲んで20分前後で効き目が出てきて、持続時間は5時間から10時間です。
即効性があるからといって飲んですぐに勃起すると言うわけではなく、自然に勃起するので勃起をした時に痛みを感じる事はないです。
副作用は顔の火照りや頭痛、鼻づまり等の症状があります。
その他にも動悸や消化不良、めまい等の症状があります。
治療薬によっては脂っぽい物やアルコールを飲むと効き目が薄れる治療薬もありますが、レトビラ5mgは食事やアルコールにあまり影響を受ける事がないです。
だからといって度数が強いアルコールを大量に飲んだり、飲んだ記憶がなくなるほど飲んでも効き目が全く薄れないというわけではないので、注意が必要です。
食事の前と後のどちらに飲んでも効き目がありますが、より高い効き目を期待するなら空腹時に飲むと良いです。

The post レトビラの5mgは副作用が少ないが即効性がある appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
レトビラの5mgは副作用が少ないが即効性がある https://sqlserver-qa.net/%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%A9%E3%81%AE5mg%E3%81%AF%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%8C%E5%B0%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8C%E5%8D%B3%E5%8A%B9%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B/ Tue, 14 May 2019 03:20:00 +0000 https://sqlserver-qa.net/?p=8 EDの治療薬にレトビラという治療薬がありますが、レトビラ5mgはもっとも副作用が少ない上に即効性があります。 […]

The post レトビラの5mgは副作用が少ないが即効性がある appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
EDの治療薬にレトビラという治療薬がありますが、レトビラ5mgはもっとも副作用が少ない上に即効性があります。
バイエル薬品株式会社という日本の薬品会社が製造しています。
見た目は丸い錠剤で、色は薄い黄色すが薄い肌色にも見えます。
日本では2004年に認可されていて、世界では2番目にできた人気のED治療薬です。
即効性があるので、女性と体を交える前に時間を計算して飲む必要がないです。
飲んで20分前後で効き目が出てきて、持続時間は5時間から10時間です。
即効性があるからといって飲んですぐに勃起すると言うわけではなく、自然に勃起するので勃起をした時に痛みを感じる事はないです。
副作用は顔の火照りや頭痛、鼻づまり等の症状があります。
その他にも動悸や消化不良、めまい等の症状があります。
治療薬によっては脂っぽい物やアルコールを飲むと効き目が薄れる治療薬もありますが、レトビラ5mgは食事やアルコールにあまり影響を受ける事がないです。
だからといって度数が強いアルコールを大量に飲んだり、飲んだ記憶がなくなるほど飲んでも効き目が全く薄れないというわけではないので、注意が必要です。
食事の前と後のどちらに飲んでも効き目がありますが、より高い効き目を期待するなら空腹時に飲むと良いです。

The post レトビラの5mgは副作用が少ないが即効性がある appeared first on レビトラの5mgを見かけない理由.

]]>
Data Science Project Example Walk-through: Predictive Analytics on London Cycle Hire Data using the CRISP-DM and TDSP process models: #2 Waterfall v Agile (Scrum v Kanban) https://sqlserverfaq.com/tonyrogerson/2017/09/27/data-science-project-example-walk-through-predictive-analytics-on-london-cycle-hire-data-using-the-crisp-dm-and-tdsp-process-models-2-waterfall-v-agile-scrum-v-kanban/ Wed, 27 Sep 2017 19:55:33 +0000 https://sqlserverfaq.com/tonyrogerson/?p=209 Read More »]]> In Part #1 – Backgrounder we covered a basic introduction to CRISP-DM and Microsoft TDSP, in this article we put our project framework in place.

As Benjamin Franklin said, “By failing to prepare, you are preparing to fail”; I wasn’t expecting to talk about the project management side in a lot if any detail but after I started writing this I realised it’s just as important as the process model itself, I’ll talk about Business Understanding in the next article. Planning is key to any project, in Data Science and Data Warehousing you often don’t know a lot of things up front, it’s really difficult to accurately plan a project because things will undoubtedly crop up unexpectedly. Choosing the correct project methodology is a key component to achieving a successful outcome, ironically a successful outcome in Data Science may be that the task at hand is not doable, but that may save a shed load of time, resources and money!

Project framework – Agile or Waterfall?

Waterfall is sequenced project delivery, so for our two process models we would complete the Business Understanding phase then Data Understanding then the other phases in sequence – we design up-front, we build the entire house, then decorate it, and then live in it.

Agile gives a structured framework to an iterative “feedback and enhance” approach; when applied to TDSP / CRISP-DM it allows cross phase improvements for instance we might find in the Data Understanding phase that something is not doable or requires more clarity so the Business Understanding needs to be revisited – we modify as we go, we build the house room by room decorating/re-building and living in it until it’s complete – as you can understand we have rework but that’s expected and captured early on making it cheaper to fix rather than in waterfall knocking the entire house down and starting again.

When performing Data Science or even Business Intelligence it’s often difficult to fully factor what you are trying to do, in both disciplines you take data from a feed, the quality of that data will not be known until you’ve got it loaded, in fact loading it in the first place may be problematic! Take the London Cycle usage data, there are 118 CSV files amounting to 5.39GB of raw data, they are all a similar structure but some CSV files have text quoted others not, there is one that has an additional column in the middle, some files contain text in what you’d think are numeric columns – you would not know that information on the outset of the project, only once you had loaded the data (Data Understanding phase).

Waterfall for me is a non-starter for Data Science and Data Warehousing, the iterative nature of Agile wins hands down, it also reflects the iterative nature of CRISP-DM and TDSP, for example it may be the case that once you get insights from the data which may be data quality issues then the remit of the project may change which requires revisiting the Business Understanding and Data Understanding phases – you don’t want to be too far down the track when issues are discovered, a project can be canned much earlier and remember a lot of DS may not amount to something that would give you benefit.

As you can probably guess we will be using Agile for this project, either Scrum or Kanban which we’ll discuss now.

Agile – Scrum v Kanban?

A subset of Agile, Scrum is a process framework for implementing Agile. Fixed length “sprints” which are usually one or two weeks are used to contain the workload and planning is done around those sprints.

Kanban is a visual card based system where the cards represents tasks/stories and are positioned on a board made up of columns and swim lanes for example the columns To-do, Blocked, In-Progress, Review, Complete and Closed with the swim lanes aligned with our process model phases i.e. Business Understanding, Data Understanding etc. although the swim lanes aren’t necessarily important it just helps you focus where the stories sit.

Which flavour of Agile you use will entirely depend on your organisation although researching the topic I’ve found that research suggests that Kanban Boards are better suited to Data Science projects because they offer more dynamism in task prioritisation, remember with DS we will often have tasks created as we go through the process – those often can’t wait between sprints. Below I’ve given you some links to background reading, for the purpose of this project I will use Kanban Board.

https://www.atlassian.com/agile/kanban
https://www.atlassian.com/agile/scrum

Microsoft Visual Studio Team System: https://docs.microsoft.com/en-us/vsts/work/kanban/ or for Scrum: https://docs.microsoft.com/en-us/vsts/work/scrum/index

Team Data Science Process on Channel 9: https://channel9.msdn.com/Shows/Cloud+Cover/Episode-227-Team-Data-Science-Process

I will also be using Microsoft Visual Studio Team System Services – Agile Tools for my project management, I have created a project and using the Kanban board on “Stories” set up my columns and swim lanes, I have the columns To-Do, Blocker, In-Progress (split Doing/Done), Review (split Doing/Done), Complete and Closed, I then have the swim lanes Business Understanding, Data Understanding, Data Preparation, Modelling, Evaluation with the default lane as Assignable. Stories contain one or more tasks and it is the story that moves between columns. I did not make the columns match the process model phases because I am using stories to group tasks to be done within each phase of the process workflow.

Phases

We can categorise the phases in both CRISP-DM and TDSP into two components – the first is mainly {planning, information gathering, project feasibility, data set availability}, the second is mainly {implementation of the design, data munging, statistics, programming, deployment}, those two categories have very different skill sets but with some cross over. Consider the separation of phases when you create your Kanban Stories and subsequent tasks. I’ve posted an IDEF-0 diagram showing the phase interaction, I’ve deliberately missed out most the detail i.e. the mechanisms/control (folk/tools doing the phases) and also the input/outputs.

Roles required in the Project

First and foremost and a lot of this follows Data Warehouse principles – you need a Project Sponsor, somebody in the business who believes in what you are doing, remember a lot of Data Science projects will either fail, fail to provide business benefit or be put to one side because the business is only doing it because it’s trendy and believes it ought to be. Do not treat a DS project like any other piece of development, treat it like building a Data Warehouse – by that I mean the profile needs to be raised within the business so make sure there is visibility, make sure you know the people in the business who can help you and with what, make sure you strike up a conversation, educate them to what DS is and what it isn’t, perhaps do an introduction to DS where you at a high level talk about the steps involved – CRISP-DM / TDSP and in what phases you’ll need their help and with what tasks. Be on good terms with the folk providing your data, and when there are issues tell them, be helpful, one of the side effects of the cleansing and data prep side of the DS project is to highlight issues with source systems.

The role of Project Manager is to keep track of the Kanban Board and make sure the process is followed, smooth out any politics getting the source data or getting access to business resource for business and data domain knowledge, the term business domain is the knowledge about how the business runs, the process flow etc. the Business Taxonomy flows from this, data domain knowledge on the other hand is more related to a Database Designer/Developer, it’s what the source data set structures mean, the Data Dictionary flows from this.

Other roles on the project will be a Data Scientist and a Data Engineer, those are very different roles, the Data Engineer gets and prepares the data whereas the Data Scientist creates various models, has the statistics background to understand sample populations, model verification etc.

Summary

I’ve briefly discussed the project structure, we are going to be using the Kanban Board and I’ll be using Visual Studio Team Services Agile Tools for managing that aspect of the project.

The next article we will get into actually doing something! We will tackle the Business Understanding phase.

]]>